NPO法人 SEED

NPO法人 SEED

Enjoying sports improve your life. スポーツを楽しむことで心が豊かになる生活を!

バスケットボールスクール

2020年08月27日

パターンで学ぶか、原則で学ぶか

こんにちは!

息子が1歳になりました。つまり私も父親1歳です(笑)
どうも、バスケットボールスクールコーチの松岡です。

バスケットボールスクールでは様々な内容を教えます。
例えば先日は、ドライブに対する仲間の合わせ方とそこからの展開を練習に組み込みました。
ドライブに対する合わせは「5つのD」と言われるものがありますが、それをどのように使うかは選手が判断しなければなりません。
ウィングからミドルサイドにドライブしたから逆サイドのウィングはドリフトという感じに、「絶対これ」という物にはなりません。
何故ならディフェンスがいるし、仲間がいるからです。
一つのパターンとしてバスケットの合わせを考えてしまうと応用が利かず、上手くいかない事が多くなります。
そこで重要なのが「原則」です。
原則を考えると判断基準が出てくるので選手達も考え、様々な状況に対応出来るようになっていきます。



子ども達の育成を考えるのであれば、コーチが「こうしなさい‼」と言うのではなく、判断基準を与え常に考えながら動けるようにしていく方が良いと考えます。
もちろん最初は難しいですが、子ども達は僕らが思っている以上に考えて動けます。
先日の練習でも、「動きは一つじゃないよ」と伝えると違う動きがどんどん出てきました。
子ども達自身で判断し動きが変わりより激しく良い練習になりました。
本当に素晴らしいです。
ちなみに私は状況を判断した上で言った事以外の事を行うと喜びます(笑)

また、SEEDのスクールでは上記の「ウィングから~」とか「ミドルサイドドライブが~」とか「リロケートして~」のような専門用語が普通に出てきます。
その様な言葉を知っていると理解が早くなりますし、これから先様々な場所でバスケットをする上で困らなくなるからです。
言葉を知るという事は本当に重要だと思います。

「もっとたくさんバスケットを学びたいな」
「上手になりたいな」
と、思っているそこのあなた‼
SEEDでバスケットボールをしませんか?
SEEDではスクール会員、クラブチーム会員を募集しています。
初回体験無料、見学いつでも無料‼
まずはご連絡ください。
お待ちしております。

※クラブチーム会員はJBA登録の関係で部活動、少年団、他クラブとの併用は出来ません。
スクール会員については練習のみの参加になりますので、部活動、少年団、他クラブに登録していても参加出来ます。

*****************
お問い合わせ
NPO法人SEED事務局
TEL:090-7444-8518
Mail:contact@seed.education
*****************




[著者:松岡 拓志松岡 拓志]

スポーツくじ理念広報サイト「GROWING」
« 2020年9月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

NPO法人 SEED

〒890-0075
鹿児島市桜ケ丘7丁目21-18-101

理事長:松岡 拓志

TEL:090-7444-8518

Mail:contact@seed.education

お問い合わせ